シロクマにかかればワンパンよ。

毎日をちょこっとだけ豊かにする情報を発信していきます

30分で完成!美味しくて超簡単なポトフの作り方

三連休、大寒波が日本列島を襲っている。

ここ京都も、時折だが雪がちらついている。

そんな寒い日の夜に身体を温めてくれて、

具だくさんで、簡単に作り置きできる優れもの、

それがポトフ。

これ一品で肉じゃがにもカレーにもできるし、

何より超簡単だし、ズボラ飯の代表格です。

 

 

①ジャガイモを切ってチンする

f:id:shirokumapunch:20190210132828j:plain

まずはジャガイモを切る。

料理によって適した種類があるそうだが

面倒臭いので適当に安くものを買っている。

私は皮を残す派なので、泥を落として芽をとったら

そのまま適当な大きさに切るだけ。

切ったらシリコンスチーマーで3~5分チン。

耐熱ボウルや皿にラップしてチンでもOK。

②その間に大根、ニンジンを切る

f:id:shirokumapunch:20190210134443j:plain

どちらも適当な大きさに切ります。

他にも、カブやゴボウなど、

その時々で安い野菜を入れると良い。

③大根とニンジンをチン、ジャガイモは鍋へ

f:id:shirokumapunch:20190210134034j:plain

チンが終わったジャガイモを鍋に入れ、

適当に水を加えて火にかける。火力4くらい。

入れ違いに大根とニンジンを3分くらいチン。

チンが終わったら鍋にポイ。

④その間に玉ねぎ、セロリ、ショウガを刻む

f:id:shirokumapunch:20190210134555j:plain

別にセロリとショウガはなくてもOK。

あればスパイスが効いて美味しいし、

何よりショウガは体が温まるので良い。

f:id:shirokumapunch:20190210134840j:plain

生姜は縦に薄くスライスしたものが2枚くらい。

ショウガ刻むのが面倒な人はチューブでOKだが

刻んだほうが格段に味や香りがアップする。

刻み終わったら鍋にポイ。

⑤ウインナーをカット

f:id:shirokumapunch:20190210135646j:plain

別に切らずに丸ごと入れてもいいけど、

食べるのが面倒だから切っています。

ウインナーでなくても、豚でも鶏でも、

細切れでもブロックでも、お好きな肉を。

ただウインナーは手間がかからないし、

意外とイイ出汁が出るので

鍋や煮込み料理には重宝します。

切っても切らなくても、鍋にポイする。

⑥蓋をして少し煮込み、火が通ったら味付け

f:id:shirokumapunch:20190210143210j:plain

全部鍋にポイしたら、蓋をしてしばし煮込む。

ウインナーに火が通れば問題ないので

5~10分も煮込めばOK。

その間に包丁やまな板を片付けたり、

風呂掃除をしたり、雑用を終わらせます。

味付けは基本コンソメ。味を見ながら目分量で。

黒コショウも入れるとピリッと味が締まる。

 

今回は、火を通した後で水が少ないと感じたので

水を足して改めて沸騰するまで煮込んでいます。

野菜から水が出たりウインナーから出汁が出たり

こんな風に仕上がってみると水が少なかったり、

適当に料理するといろんなことが起こるので、

味付けは最後にするのがベスト。

 

はい、完成。

f:id:shirokumapunch:20190210144404j:plain

所要時間30分くらい。

普通の肉を使う場合、飽きたらルーを入れて

カレーにアレンジすることもできます。

寒い夜にポトフ、是非おためしあれ。