シロクマにかかればワンパンよ。

毎日をちょこっとだけ豊かにする情報を発信していきます

【Huluで見れる海外ドラマ紹介】ゲーム・オブ・スローンズ

「お勧めの海外ドラマ教えて!」と言われて

誰もが間違いなく答えるであろう作品、

ウォーキング・デッドブレイキング・バッド

そして、ゲーム・オブ・スローンズ

以前紹介したクリミナル・マインドは

暇つぶしがてら見れる一話完結型だったが、

www.shirokumapunch.com

今回はその真逆を突いていきますよ。

 

 

ストーリー

わかりやすく言うと、

中世ヨーロッパ(歴史+戦争)+ファンタジー

9つの名家同士の、王座をかけた争いを描く。

登場するのはすべて架空の国、家だが、

おそらくモデルとしては、ばら戦争あたりか。

物語のメインとなるラニスター家・スターク家も、

ランカスター家・ヨーク家から取ったのかな?

中世ヨーロッパの世界観を背景とした戦争モノだが

同時にファンタジー要素もかなり強く、

ドラゴン、大狼、巨人、魔術師、

ホワイト・ウォーカーと呼ばれる化け物も登場する。

ロード・オブ・ザ・リングの世界観を想像すると

まぁ当たらずしも遠からずといった感じかな。

現在はシーズン7まで公開中。

今年の4月公開のシーズン8が最終章となる。

おすすめポイント

1.とにかくスケールがデカい

一話一話が全部、映画並みのクオリティー

それもそのはず、製作費は一話1000万ドル!

これに慣れたら日本のドラマなんて

とてもじゃないけど見れたもんじゃないよ。

撮影地も、ヨーロッパ全土に渡っている。

というのも、ある家は北方の森を領土とし、

またある家は海に浮かぶ島を領土とし・・・

と、それぞれ治めている地域が違うからだ。

美しい王都でストーリーが進んだかと思うと、

次の瞬間には砂漠の荒れ地に舞台が飛ぶ。

とにかく壮大としか言いようのない物語だ。

2.1シーズンが短い

海外ドラマは、とかく1シーズンが長い。

全部で30話以上あるとかもザラな話。

でもゲーム・オブ・スローンズ

一話にかなりの金を割いていることもあり、

1シーズン10話とお手頃な長さになっている。

見始めて止まらなくなっても10時間で済みます。

3.登場人物が多く、関係も複雑

何せ9つの家をそれぞれ描くわけだから、

とにかく登場人物が多い。多すぎる。

うかうかしていると、「この人誰だっけ?」

「この家ってどこの家だっけ?」となる。

その上、家同士の政略結婚があったり、

近親相姦があったり、さらには名家意外にも

宦官やら宗教関係者やら国の外に暮らす野人やら、

もうとにかく人の数も動きも複雑すぎて、

ボーッとしている時間がない。

4.お気に入りのストーリーが見つかる

複数の家と舞台、多数の登場人物により、

物語中でいくつものストーリーが同時並行する。

ファンタジーがメインのストーリーもあれば、

政治的な陰謀がメインのストーリーもある。

それぞれ舞台もテイストも主人公も違うので

必ずお気に入りのストーリーが見つかるはず。

5.意外で残虐な展開

とにかく人がよく死ぬ。

それも、主人公格だと思っていた人が

びっくりするほど呆気なく殺される。

それも、oh・・・となるような

むごたらしい殺され方をされたりする。

常にワクワク、ドキドキ、ショック!で

まったく飽きさせることがない。

6.ちょいエロ

このドラマ、実はR12指定。

残虐だから、という点が大きいのだろうが、

セックスシーンも普通のドラマにしては多め。

可愛くて高貴そうな若い女の子が、

屈強な部族の男からバックでガンガン突かれたり。

あと女性に綺麗な人が多く、そういう人たちが

のきなみヌードを披露してくれます。

おっぱい星人には嬉しすぎるドラマ。

こういう人にオススメ

・中世ヨーロッパの世界観が好きな人

・ドラゴンとか騎士とか好きな人

・映画のスケールを1時間で楽しみたい人

・単調なものにはすぐ飽きてしまう人

・複雑なストーリーを好み、並列処理が得意な人

・残虐なものが平気な人

おっぱい星人

 

純粋に楽しみたい人も下心満載の人も、

誰もが満足できるドラマです。

 


ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 DVDセット(1~10話・5枚組)