シロクマにかかればワンパンよ。

毎日をちょこっとだけ豊かにする情報を発信していきます

市販のルゥで簡単に絶品ハヤシライスを作る方法

ここのところ、汁物中心の生活を送ってきた。

shirokumapunch.hatenablog.com

実際に続けてみると、やはりスープだけでは

日中フラフラになってしまう。

あと、便秘気味になる。

まだ食欲は戻っていないので、ここのところ、

日曜日に大鍋でカレーやらシチューやらを

作り置きしておいて、それを適当に食べている。

 

中でもお気に入りなのが、ハヤシライスだ。

ビーフシチューとかデミグラスソースとか、

なんだか惹かれちゃうよね。

でも、市販のハヤシライスのルゥって、

なんだか もったり して美味しくない。

だからといって、わざわざ手をかけてまで

洋食屋の味を再現しようとは思わない。

安く簡単に美味しいハヤシライスを食べたい!

 

実はコレ、簡単なんです。

調理する過程であるモノを入れるだけで、

簡単に絶品ハヤシライスに早変わり。

その、あるモノとは、ずばり、

りんご。

今の時期はスーパーで5個300円くらいで

とてもお安く手に入る。

ヨーロッパでは、昔から

「りんごが赤くなると医者が青くなる」

(トマトも同じような諺があるけど)

と言われているくらい、

安くて健康に良いとされているんだけど、

あんまり食べないよね、正直。

だから、こういうところで消費しよう。

 

分量は、だいたいルゥ1箱につき1個。

手順も本当に簡単です。

まずは普通に食べる感じに切った後、

それを薄くイチョウ切りにする。

f:id:shirokumapunch:20181202163120j:plain

皮はついたままでOKです。

あとは、普通の手順にりんごを加えるだけ。

玉ねぎ、にんじん、牛肉と一緒に炒めて、

f:id:shirokumapunch:20181202163412j:plain

しばらく煮込んだら、ルゥを投入。

このときに、赤ワインとトマト缶を少し加えると

さらにコクが増す。まぁ、なくても

りんごだけで全然違うんだけど。

そんな感じで、はい、完成。

f:id:shirokumapunch:20181202163529j:plain

りんごは溶けずに残りますが、

全っっっ然気になりません。

りんごを切ったり摩り下ろしたりするが

面倒だという人は、りんごジュースでOK。

コンビニで98円とかで売ってる、

飲み切りサイズの紙パックのやつ。

これを、だいたい半分くらいかな。

その分、水の分量を減らせばいい。

 

なぜ、りんごを入れることで

ハヤシライスが旨くなるのか?

調べてみたが、残念ながら

科学的な理由はイマイチはっきりせず。

ただ、人間が感じる旨味成分には、

甘味と酸味が含まれていることから、

それらを両方含むリンゴを

市販のルゥに投入することによって、

さらに旨味に深みが増すのではないだろうか。

西洋では、肉料理にりんごを使うことも多いし

もともとこの手の料理と相性が良いんだろうね。

 

カレーでも何でも2日目が美味しいけど、

りんごハヤシも例外ではない。

1日目でもビックリの美味さだが、

2日目はさらに美味い。

たったりんご1個で、この違い!

是非おためしあれ。