シロクマにかかればワンパンよ。

毎日をちょこっとだけ豊かにする情報を発信していきます

食べるのが面倒だからスープ中心の生活を始めた

2週間前に扁桃炎になって、

しばらくの間、唾を飲みこむのも痛かった。

抗生物質で炎症はすぐに引いたが、

何も食べなかった日が続いたからか、

喉の痛みがなくなっても

何も食べる気が起こらない。

腹が減らないというわけではなく、

どちらかというと、食べるのが面倒なのだ。

作るのも面倒なら、食べ物を口に運ぶのも、

それを咀嚼するのも、飲みこむのも、

すべてが面倒くさい。

 

昔から、数年に1回くらい、

こんな気分になる時期がやってくる。

気分が落ち込むとか、そういったことはない。

だからといって熱気に溢れているわけでもないが、

死にたいとか思うわけでもなく、

平日は淡々と出勤してやるべき仕事をこなし、

8時間ぐっすり眠り、休日には妻と出かけたり、

友達と飲みに行ったり、一人で散歩したり、

それなりに楽しく暮らしているつもりだ。

ただ、食べるのが面倒くさい。

食べることが生きることの基本なら、

食べることが面倒くさいということは、

生きることが面倒くさいということなのか。

意識的には何の問題もなく思えても、

身体が生きることを半分放棄しているのなら、

無意識的にはもう疲れ切っているのかもしれない。

 

f:id:shirokumapunch:20181028162443j:plain

とはいえ、表層の意識は一応健全で、

無意識の願望に従って餓死してやるつもりなんて

毛頭ない。でもやっぱり食べるのは面倒くさい。

そこで、とりあえず栄養バランスに気を遣って

スープやジュースなど液状のものを中心に

しばらく生活してみることにした。

もちろん限界はあるので、

固形物も少しは食べるようにしている。

特に仕事の日は同僚や上司と

昼食に出る機会も多いので、面倒でも

そのときは割とちゃんとしたものを食べる。

朝は、元から食べない。

食べる暇があるなら、1分でも寝ていたいからだ。

夜はというと、最近のメインはコレ↓

 「冬場はカボチャを食っとけば風邪ひかん」と、

ばあちゃんによく言われたので。

実際、カボチャには各種ビタミンが多く含まれ、

βカロテン、カリウム、食物繊維も豊富だ。

この商品に加工されたときに、それらの栄養素が

どこまで保持てきているのかは、正直知らん。

でも、スーパーやAmazonでさっと手に入って

コスパも良い液状カボチャは、この商品だった。

今はハロウィンの時期なので特売中だ。

カロリーも高いし、主食にするには丁度いい。

スープ皿に入れてチンするだけでいいので

帰宅後2分で食べられるのも嬉しい。

 

たんぱく質は豆乳で補う。

お気に入りは、オーソドックスにコレ↓

やっぱ豆乳といえばコレだよね。

同じものを飲んでいると飽きるので、

いろんな味を準備しておいたほうがいい。

段ボール買いしておいて、

その日の気分で適当に選んで飲んでいる。

固形物を食べる気になったときは、

セブンのチルド商品や、ゆで卵をプラスする。

 

野菜はカボチャジュースだけでは不安なので

何でも使える万能品、トマトを一日1個・・・

といきたいところだけど、最近トマトが高い。

あと、スーパーに寄るのが面倒くさい。

ということで、困ったときのカゴメ様。

 

伊藤園のも、ちょっと気になるんだけどね。

でも、こっちは少し高い。

あと、やっぱりトマトといえばカゴメだもんね。

DON SIMONからも出ていて、

やまや、リカマンなどで安く買える。

ただ、けっこう食塩が入っているので、

気になる人は食塩無添加を選んだほうがいいかも。

 

あとは、ブロッコリースプラウト

ビーリーフをプラスすることもある。

どっちも、洗ってマヨネーズをかけて。

調理しなくていいのが楽だ。

あと、肉厚のシイタケが手に入ったときは、

シイタケのカサの裏にチーズをのせて

トースターで焼いて食べることも。

あとは、大好物の卵ご飯をときどき。

shirokumapunch.hatenablog.com

これくらいです。

ひょっとして、食費が超浮くのでは?と

ちょっとワクワクしていたり・・・

2~3か月続いたら、また経過報告をしますね。