シロクマにかかればワンパンよ。

毎日をちょこっとだけ豊かにする情報を発信していきます

【昼から飲む酒は最高だ!】IPAとホットドック

 突然ですが、昼から飲む酒って

どうしてこんなに美味しいんでしょうね?

背徳感からか、休日だという実感が

得られているからか・・・

 

とにかく我々社畜にとっては、

休日に昼から飲む酒というものは

9割増しで美味く感じるわけです。

(休日なんてねーよ!という

 ガチ社畜の皆さん、すみません。

 私は休日ちゃんと取れるエセ社畜です。)

 

今日は西友で見慣れないビールを見つけたので、

これをメインに据えることにします。

何を飲むか決めてしまえば、

それに合わせてツマミを考えれば良いので

無駄な買い物も必要なく、効率良く事が運びます。

それに、「この酒を倍楽しむには何が最適かな~」

とか考えながら買い物するのが、もう最高に楽しい。

 

今回は昼食も兼ねて割としっかり食べたかったので

4本500円の若干お高いソーセージを買って、

4個100円の安いバターロールを買って、

ホットドックとビールで昼飲みじゃー!

f:id:shirokumapunch:20170923092505j:plain

レシピは載せる間でもありませんが、

①湯を沸かす間に玉ねぎをみじん切りにして

皿に入れラップをかけてレンチンします。

②沸騰した湯にソーセージをぶちこんで、

その間にトースターでパンを焼きます。

③パンが焼けると同時にレンチンが終わり

ソーセージも茹で上がります。

④パンに玉ねぎを挟みます。

⑤今回はパンが小さかったので、

ソーセージを二つに折って挟みます。

⑥ケチャップとマスタードをぶっかけて完成!

この間、わずか10分。

 

ビールは、「インドの青鬼」という銘柄。

お味はというと・・・

 にっっっっがい!

むっちゃ苦い!あと香りもすごい!

ホップが鼻にガツーンと来る!

それもそのはず、これは

インディアン・ペールエールIPA

と呼ばれる種類のビール。

呑んべえ&「もやしもん」ファンは

きっとよくご存知でしょうね。

 

IPAの歴史的背景は、

イギリス統治時代のインドまで遡ります。

【統治のためインド入りしたイギリス人の会話】

A「やべぇ水が汚くて飲めねぇ」

B「でも本国から水運んでたら腐っちゃうよ?」

※この時代、イギリスーインド間は船での移動。

 スエズ運河はまだ開通していないので

 喜望峰まで迂回して3~6カ月の船旅だった。

 当然、冷房設備もないため

 インドに着くことには水は腐ってしまう。

【相談を受けたイギリス側の会話】

C「ビールなら大丈夫じゃね?アルコールだし」

D「いいねぇ!念のためアルコール度数上げとこ!」

E「劣化防止にホップもアホほど入れとこ!」

 

・・・というわけで誕生したのが、

にっがいにっがいIPA

何物にも歴史があるわけですね。

 

今思うと、せっかくの歴史あるビールだったし

グラスについで色とかも見ればよかったですね。

ブログに不慣れなものでスミマセン。

もう缶のままグビグビ飲んじゃった、

だって洗い物増えるの嫌なんだもん。

 

とりあえず、今日の昼酒の感想としては、

IPAとホットドッグの組み合わせはイマイチ。

たぶん、もっとガッツリ油物とか

味が濃いもののほうが合うでしょうね。

コロッケパンとか、カツサンドとか。

どうぞ、おためしあれ。


インドの青鬼